気ままにのんびり、お花見へ行ってきました。


今年は、お花見へ行かれましたか??
私はというと、桜が見頃を迎える週末が雨ということでしたので、とある平日に、ひとりお花見へ行ってきました。

東山動植物園の周辺へお花見

名古屋市内にある唯一の動植物園、東山動植物園内にはソメイヨシノなどの桜の木が3,800本も植えられているそうです。
この日も平日にも関わらず、たくさんの家族連れとカップルが来園されていました。

私は、散歩がてら動植物園の周辺でお花見。このあと、平和公園へ向かいます。




平和公園までの道のりも、お花見にオススメです


平和公園までの道のり、スタートです。そして、少し曇ってきてしまいました…。

東星ふれあい広場がある横の道。

私は、東山動植物園から平和公園までの道のりが好きで、よく散歩をしています。ゆっくり歩いて、だいたい30分ほどで到着します。

実はこの道のりというのが、少し桜並木になっていて、春の季節は本当にとても綺麗です。
私と同じように、思わず立ち止まってしまう人もいました。


また、道のりの途中には東星ふれあい広場という公園があります。

あまり有名ではない?のですが意外と広く、野球をしている小学生たちや、愛犬を散歩中のお年を召されたご夫婦などが利用されています。
東星ふれあい広場の横を通ると、笑い声が聞こえてきたり、「平和でいい日だなぁ。」と心があたたかくなります。


お花見もできる、平和公園へ


「平和公園ってお花見できるの?そもそも、桜の木があるの?」

名古屋在住の方で、そう思われた方も多いのではないでしょうか…!私も同じです。

私は名古屋でずっと育っていますが「平和公園=お墓がたくさんある」というイメージが強いです。事実、私の叔母も平和公園墓地で眠っていますし、小学生の時に父と一緒にお墓参りへ行った時にもお花見や公園という印象は全くなく「平和公園というけれど、たくさんお墓のある場所なんだ。」と思っていました。

大人となり、平和公園へお花見へ行く機会ができたことで(行くまではお花見ができるなんて、半信半疑でした。笑)、平和公園の印象は180度変わりました。
Wikipediaで調べてみたところ、墓地は公園の北側に、公園は南側に位置しているとのことです。

現在の平和公園
墓地は公園の北部地域に集められており、南部地域は公園として整備されている。園内には約2,300本の桜が植えられているほか南部の鹿子殿には自然林も残り、野鳥観察や猫ヶ洞池での釣り、メタセコイヤ広場におけるイベントの開催など、市民の憩いの場となっている。また、平和堂などの慰霊施設のほかに名古屋市動物愛護センターや東山動物園で飼育されているコアラの餌であるユーカリを栽培する為の施設がある。公園北端には東部丘陵地帯への給水を安定させ、災害時の応急給水を行なう為に平和公園配水場が設置され、展望台を兼ねた平和公園アクアタワーが建つ。

午後3時頃に、平和公園へ到着。

到着した頃には、すっかり雲ってしまいました。肌寒くもなりつつあったのですが、平和公園には、私と同じようにお花見を楽しんでいる人たちで賑わっていました。


平和公園は、他の場所と比べても混んでいなくて、桜も充分に楽しめる、お花見の穴場スポットだと思います。

特に、
・ゆっくりとお花見したい人
・芝生に寝転がって、桜を眺めていたい人
・お花見もスポーツも楽しみたい人
にはピッタリな場所です。


名古屋で「来年はどこへお花見に行こう。」と迷われている方、平和公園にも一度お花見へ出かけてみてくださいね。


追伸

平和公園は、お花見が終わった新緑の季節もオススメです。
心地のいい風に吹かれながら、芝生に寝転がっての読書とお昼寝…至福のひとときです!



水上 ちえ

名古屋のコワーキングスペース『ベースキャンプ名古屋』で働いています。いちスタッフとして、考えていることを中心に書いています。

目指しているのは「コワーキングスペースってどんなところだろう」と、このブログを通じて、少しでも多くの人に興味を持ってもらえることです。

その他参加したイベントのことや、他の人へオススメしたいことも書いています。趣味はゆるいイラストを描くこと。iPadとApple Pencilの購入を検討中です。

エントリーリスト

タグクラウド